自信やプライドはいらない!?40代以上が採用されない理由

自信やプライドはいらない!?40代以上が採用されない理由

自信やプライドはいらない!?40代以上が採用されない理由

 

40代以上が転職しようとして、採用されない理由とは?
1.40代以降の転職が難しい理由

 中高年のキャリアや経験、能力を求めて採用を希望する企業がある反面、書類選考は通るものの、なかなか内定に結びつかずに苦しむ40代以上の転職希望者が少なくありません。

 

 中高年が不採用になる理由を知ることができれば、対処法を考えられます。その主な理由をまとめてみたいと思います。

 

 

 

2.不採用になる理由を知っておこう!

 40代以降の転職希望者を不採用にする理由には、以下のものがあるようです。

 

ここがポイント!
  • 求人内容と本人のキャリアが見合っていない
  •  

  • これまでのキャリアに自信があり、プライドが高い
  •  

  • キャリアはあっても、協調性やコミュニケーションスキルに欠ける
  •  

  • 過去の実績は高くても、それが転職後にどう活かせるのかが伝わらない
  •  

  • 管理職として、組織をマネジメントする意識が薄い

 

 これまでキャリアを積み、実績をあげたという自負がある中高年ほど、前職のやり方や自分流にこだわる傾向が強く、それが弊害になって、新しい職場になじめないという話を、よく見聞きします。

 

 20〜30代の採用と、40代以上のそれとでは、必要とされるスキルがまったく違うことに気づくべきでしょう。

 

 

 

3.中高年の採用でアピールすべきポイントは?

 40代以上であるからこそ、第一印象がものを言うことに気が付いていますか?ビジネスに適した服装で面接に臨み、立ち居振る舞いや言葉遣いがふさわしいものであるのは、当たり前のことです。面接官が年下であっても、敬意を払って話せることは、その人の人格を表します。

 

 質疑応答に対して、自分なりの考えを、会社の方針にそってどう展開していくのかを話すためには、事前の企業研究も重要です。本当にその会社で働きたいのか、単に仕事に就きたいのかは、簡単に見極められるのです。

 

 

 

 

過去を活かして、未来をどうつくるかを考えよう

 中高年の転職活動は、それまでの業界や職種にこだわる傾向が強いようです。過去に実績をあげた自信がそうさせるのでしょうが、その業界で本当に評価が高ければ、ヘッドハンティングがかかるはずです。

 

 自ら選択肢を狭めることなく、現場の仕事だけでなく、組織運営や社員の育成などの面で、自分のキャリアを活かすという視点で、応募企業を検討してみるのもいいのではないでしょうか。

 

リクナビNEXT評判 リクルートエージェント評判

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職体験