40代からの転職成功のコツ

40代からの転職成功のコツ

 

40代からの転職成功のコツ

 

1.40代の転職は、若者の就活とは異なる!

 現代は全国的に就職難の時代、就職活動に悩む若者の姿を見るのは、ほぼ毎年のようです。こんな就職受難の中、40代を過ぎてから転職を始めるなんて、何だかもっと大変そうですよね。転職をしなければいけないと考えるたびに、気分が鬱々としてくるのも無理ありません。

 

 しかし、40代からの転職活動を成功させたいなら、ここで視点をちょっと変えてみなければなりません。何故なら、10代や20代の若者の就職活動と、40代以上の転職活動とでは、すべきことが全く異なるからです。

 

 40代にはこの年代にふさわしい転職活動のやり方があるものです。それを知ってから活動をスタートさせれば、例え世の中が厳しい状況にあったとしても、転職を成功させることができるのではないでしょうか。

 

 若者と戦って採用を勝ち取るのではなく、若者とは別の土俵で活動を展開していく、こうした意識を持つことがまず最初に必要なコツと言えるのかもしれません。

 

 

2.企業が40代に求めるものとは

 40代が転職活動を展開し、企業に採用してもらうためには、企業が40代に求めるものを把握しておかなければなりません。

 

 40代以上向けの求人を出している企業が求めているものは、新卒採用の内容とは大きく異なります。高卒や大卒など、若い人材を採用するとき、企業側はその人材が会社に適応しやすいかを一番見ているものです。

 

 企業側が教育しやすそうな人材が新卒採用されやすいと考えられるでしょう。この場合、その人材が持つスキルはあまり重視されないこともあります。当然です、高卒や大卒では社会人経験がほとんどないわけですから、そこにスキルを求めることは通常しません。

 

企業に役立つスキルを持っているかが重要

 

 しかし、40代の転職活動となると話は別で、新しい就職先で活かせるだけの十分なスキルがあるか、そしてこれから管理職以上の役割を担っていけそうか、という点を人事課に観察されることになります。

 

 社内の雰囲気に適応できることはもちろんですが、それと同じくらい、転職先の企業に役立つスキルを持っていることが求められるのです。

 

ここがポイント!

 

  • その企業に有用なスキルや資格そして経験を持っていること。
  •  

  • 転職先の企業で管理職以上として働き、会社の舵をとる覚悟があること。

 

 

 

 

3.面接や履歴書でしっかりアピール!

 もう40代だからと委縮せず、自分にはその企業に適した十分な経験とスキルがあることを、面接や応募書類の中できちんとアピールしましょう。

 

 自慢や自信過剰になってしまってはいけませんが、自分の持っているスキルや知識、それによって積み上げてきた実績や成果といったものをはっきりと、かつ堂々と示すべき。ある程度の自信を持った人でなければ、マネジメント能力があると判断されませんし、仕事を任せようという気にもなってもらえないでしょう。

 

 面接ではコミュニケーション能力があることを示し、対応力や順応力の高さを見せ付けること。この辺りは素質も必要ですが、対策次第でなんとかなるものです。

 

 予想される質問と回答、掘り下げられた時の答え方などを中心に、念には念を入れて対策しておいてください。こうした周到な準備が、内定確定率のアップにつながります。

 

 

 

 

まとめ

 企業が40代の転職者に求めるものをきちんと理解し、それを自分が持っていることをちゃんとアピールすること、これが40代の転職成功のコツです。

 

 40代だからこそのメリットを生かし、さらなるキャリアアップを目指しましょう!

 

リクナビNEXT評判 リクルートエージェント評判

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職体験