専門職、長く続けることに不安。どのタイミングまで転職は可能?

専門職、長く続けることに不安。どのタイミングまで転職は可能?

専門職ですが、体を使う仕事のため長く続けることに不安を感じています。あまり年齢を重ねても転職が難しいと聞きました。どのタイミングまで転職は可能ですか?

 

体を使うお仕事って大変ですよね。例えば腰を痛めてしまったりするものでしょうか?職種によっては、経験年数が長いと確かに転職が難しいものもあると思います。もし、本当に転職を考えているのであれば、今がそのタイミングかもしれませんね。

 

あるいは、資格さえあれば大丈夫というところであれば、条件を落とすことができれば働き口を見つけることは難しくないかもしれません。転職のタイミングは職種にもよるので、慎重に選ばれることをお勧めします。

 

しかし、総じて経験年数が長いと転職が難しくなる傾向は高いので、決意が固いのであれば早めの移動をお勧めします。

 

早めの対策が必要

退職時のことを考えても、勤続年数によって昇給や退職金などの金銭的な問題もかなり変わってきます。勤続年数が長い方が金銭的なゆとりにもつながるので、早めに移動をして、じっくりと腰を据えて仕事を続けることをお勧めしています。

 

体に痛みがあるとのことでしたが、特に腰や関節の痛みの場合、長きに亘って痛みが継続する可能性もあるため、早めの対策が必要ですね。

 

転職をして体を休めることも一つの方法ですが、もし今の時点でなにか影響がでているのであれば、その治療も早めに優先させてみてください。今後の方向性を検討するのと並行することを推奨します。

今の職種を続けるのか、別の職種を選ぶのかは大きな決断です。

別の職種を選ぶことも一つだと思いますが、職場を変えたら体の負担を減らすことができるかもしれません。

 

また、キャリアを重ねることで管理職や指導する立場に上がり、現場で最前線で働くことは少なくなるかもしれません。あるいは、教官など資格を生かしながら教える立場に立つのも良いかもしれませんね。同じ資格でも職場によって仕事は多岐にわたると考えられるので、同じ職種で職場を変えることも一つの方法だと思います。

 

年齢の問題もあるとは思いますが、やはり転職はタイミングです。良縁があるようにお祈り申し上げております。

 

リクナビNEXT評判 リクルートエージェント評判

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職体験