転職歴が多くて面接で不利になるので悩んでいます。

転職歴が多くて面接で不利になるので悩んでいます。

転職歴が多くて面接で不利になるので悩んでいます。

 

自分に合った天職を探すのは大変なことです。求人欄を見てやりたいと思った仕事でも、実際に働いてみると給料が低かったり、人間関係が悪かったりして長続きできないこともあります。待遇が良くてもやっていてどうもヤル気が起きないと、転職を考えたくなるものです。そんなことを繰り返していると、いつの間にか転職歴が10社近くにもなってしまった、という人もいるでしょう。

 

まず、転職歴が多くことのデメリットとしては、「飽きっぽくてすぐに辞めてしまうのでは」と思われることです。採用する側も人材を育てて、やっと使える様になったと思ったら辞められてしまうのでは人件費が無駄になってしまいます。その為に最初からやる気がある人を採用しようと思うので、転職歴の多さも重視するのです。

 

しかし転職歴が多いことにはメリットも多くあります。まずは多くの職場で仕事をしてきたことで、新しい環境に馴染める柔軟性がアピールできます。一つの仕事にこだわらず転職をしてきたのならば、新しいことにチャレンジする精神がアピールできます。この様に、転職歴が多い場合にはメリット部分を強調することで不利を有利に変えることができます。

 

まず履歴書の書き方ですが、勤務年数の多いものから書き、書き切れない場合には「職務経歴書参照」とします。職務経歴書の書き方については、ただ年代順に勤務していた会社を羅列するとダラダラしてしまいますので、「職務内容」或いは「業種ごと」にまとめて書くと良いでしょう。これを「キャリア方式」と言い、決して飽きっぽいのではなく、幾つかの共通点があって転職をしていることが伝わります。

 

また、転職理由に関してはその会社を辞めた理由よりも、次の会社に入社したいと思った理由を述べた方が良いでしょう。会社に不満があればすぐに辞めてしまう軟弱な人材ではなく、目標を持って行動できる人材である様に思わせることができます。そして現在応募している会社でどう役に立てるのかをきちんと説明できれば、転職歴が多いことは決して不利にはならないのです。

 

 

他の質問:
転職の面接で前職の失敗談を聞かれたら
病気が原因のブランク期間はどのように説明するべきでしょうか。
転職のメリットとデメリットを教えて下さい。

リクナビNEXT評判 リクルートエージェント評判

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職体験