45歳の転職体験談3|第三セクターへの転職活動

45歳の転職体験談3|第三セクターへの転職活動

第三セクターへの転職活動

プロフィール 45歳 男性
勤務地 埼玉
前の職業 販売員
今の職業 営業事務

 

 

 


私は45歳の時、第三セクターの会社へ転職活動をして合格しました。経緯としては、販売員として仕事をしていた私の下へ、人づての紹介で市の仕事を請け負って簡単な仕事を行う第三セクターの会社があるので行ってみないかということで面接に行くことにしました。

 

 

 


転職活動期間はおよそ1ヶ月の間に終えることができました。具体的にはいきなり面接からスタートしました。面接日が2週間後、そこから合格発表まで5日、さらに入社まで1週間半あったので、およそ1ヶ月程度でした。

 

 

 


私が最終的に現在の会社を選んだ理由は、自分の働きぶりを正当に評価してくれたからです。入社後、半年間の仕事の成果を評価され、私は翌年の同時期に仕事のチームリーダーとなり、後輩の育成を任されるようになりました。

 

また、自分の仕事を正当に評価してくれただけではなく、入社後も仕事の分担をしっかりと割り振ってくれた上司への恩返しという側面もありました。慣れない仕事の中、奮闘していた私に対し、次から次へとわからない仕事を振るのではなく、一つ一つしっかりと業務を覚えていけば良いという考えで育成をしてくださった上司の指導に対する恩返しをしたかったため、単なるビジネスを超えたところにある人と人とのお付き合いから現在の会社へずっといることを決意しました。

 

リクナビNEXT評判 リクルートエージェント評判

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職体験