45歳の転職

45歳の転職体験談1|転職のおかげで緊張感ある毎日を楽しんでいます

転職のおかげで緊張感ある毎日を楽しんでいます

プロフィール 41歳 男性
勤務地 大阪
前の職業 公務員
今の職業 保険業界

 


公務員っていうのは本当に楽な仕事です。
決して仕事量が少ないとは思いませんが、リストラや収入の大幅減を心配しなくていいというのは、
本当に楽な仕事でした。
ただ、その一方でなんの達成感もありません。
それが悪循環となって、どれだけ熱い気持ちをもって入庁してきても、いつのまにかお役所仕事に
なってしまうのだと思っています。
私はそれが退屈になって、公務員退職を決意しました。

 

 


準備したことと言えば、特に何もないのですが、行政マンとしてのゼネラリストな面に
磨きをかけるよう色んなニュースに精通し、自分なりの考えを常に頭の中に備えていました。
それとともに、もう20年も前になりますが、自分が学生時代学んだこと、改めて復習ししました。
ゼネラリストとは言え、多少なり専門的な知識も備えているように見せかけるためです。

 

 


民主主義において、社会を構成しているのは一人一人の住民です。
ただし、その枠組みを作り上げているのは、結局のところ行政です。
民間企業がどれだけ業績を伸ばし、どれたけ頑張ったところで、行政が作り上げた枠組みから
抜け出すことはできません。
悲しいかなどんな企業活動も行政の掌の上です。
そういう意味では行政の動き、行政の考え方を常に掴んでおかねばなりません。
私にはそれが出来るということを全面的にアピールして自分を売り込みました。

 

 


私は学生時代、商学部に在籍し金融を専門に学んでいました。
国内の金融分野においては、金融の自由化以降、外資が流入し、また各分野も取り払われて、
ますます厳しい状況となっています。
その分、これまでのように、お互いに横並びで成長していくようなヌルイ体制ではなく、
やればやるだけ出世できる状況になりました。
私はこの保険業界で、顧客の皆さんに安心だけではなく、富を分け与えたいと思い、
現在の会社を選びました。
厳しくも当たれば大きい業界ですので、ヒリヒリとした緊張感を楽しみながら
仕事を楽しみたいと思っています。

 

リクナビNEXT評判 リクルートエージェント評判

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職体験